WORKS
業務内容

試作から量産まで

富士精機製作所は、元々は汎用エンジンメーカーとしてスタートしました。その後、自動車部品を中心とした量産加工へ業務変更をし、厳しい品質と納期管理の元で製造を重ねて参りました。
一方で、約30年前より試作加工部門を立ち上げ、研究段階製品の加工技術の検討及び製造を行い、より高度な精度を求め、精密加工技術を高めて参りました。
このように、弊社は、少量多品種の試作から、大量生産の量産まで請け負うことが可能な設備・人材・経験を有しており、他社に類を見ない生産体制を築いています。
汎用エンジン
切削加工
切削加工
切削加工
切削加工
主要製品
  • 自動車部品
  • 船舶部品
  • 航空部品
  • 防衛関係部品
  • 医療機器部品
  • レーシングマシーン用部品
  • 二輪・四輪自動車の開発部品
  • 試作削り出し品
加工可能な材質
  • アルミ系 (A2000系,A5000系,A6000系,A7000系),アルミ鋳物
  • 耐熱鋼(難削材) インコネル718・インコネル713鋳物
  • ステンレス系 (SUS303,SUS304,SUS440,SUS630)、SCS13, SCS14鋳物
  • クロムモリブデン鋼(SCM420,SCM425,SCM440)
  • マグネシウム系全般
  • 一般鋼材 SS400,S45C,S55C 等一般鋼全般
  • 鋳物 FC系,FCD系
ワークサイズ
マシニングセンタ
門形 max 3000 × 1250 × 650
立形 max 1020 × 610 × 610
横形 max 1100 × 820 × 1020
5軸マシニングセンタ
横形 max Φ630 × 500
立形 max Φ850 × 450
旋盤
横型 max Φ280 × 430
加工精度
  • 寸法精度 0.001~
  • 平面度・平行度 0.003~
  • 真円度・円筒度 0.003~
※加工サイズ・加工内容により異なります。
対応ロット数
1個の試作から、10000個の量産まで対応いたします。お気軽にご相談くさだい。

5軸加工

富士精機製作所は、他社に先駆けて、5軸加工機に重点的に設備投資をして参りました。現在の保有台数は横型・立型併せて18台。その特性をフルに生かした生産体制を構築しています。
5軸加工とは?
5軸加工とは、従来の直線軸XYZの3軸に、2軸の回転傾斜軸を追加した加工方法です。3軸のみの加工と比較して、5軸加工ではより柔軟な加工が可能となります。
5軸加工は2種類に大別され、ワークに対して工具がアプローチする角度を傾け(割り出し)、その他3軸で加工を行う「割り出し5軸加工」と、軸全てを同時に制御し加工を行う「同時5軸加工」があります。前者は、ワンチャックであらゆる方向から加工が行えるため、加工精度の向上、時間短縮等の効果が見込めます。一方で後者は、インペラの羽根部の加工等、3軸加工では不可能な曲面形状や、通常では刃物が入らないアンダー形状等の加工が可能となります。
5軸加工
富士精機の5軸加工
富士精機では、「割り出し5軸加工」「同時5軸加工」のどちらも行っておりますが、少量多品種と量産の双方のニーズに応えるべく、特に「割り出し5軸加工」の技術を磨いて参りました。5軸加工機は、刃物台と工具ホルダーを固定すれば、3軸加工機のようにも使え、粗加工~精密加工までをワンチャックで行うことができます。また、5軸加工機を多台持ちすることで、数の多い試作案件や、複雑形状を有する量産案件において、スピード・精度で圧倒的な有利性を確保することができます。 この生産体制は欧州では主流になりつつあるものではありますが、今後は、IoTでデータを取得し、それらを分析し、現場へのフィードバックを通じて、より効率的で精度の高い加工の実現を目指していきます。
5軸加工
主要加工機
松浦機械の5軸加工機
牧野フライスの5軸加工機
立型は松浦機械製の5軸加工機を日本でも有数の数を配置しております。横型は牧野フライス社製の5軸加工機を導入し、今後も設備投資を行う予定です。設備の詳細については、こちらのページを参照ください。

アルミ×一貫生産体制

富士精機製作所は、アルミ鋳物・アルミダイカストを中心に、素材手配から加工・塗装までをワンストップで承っております。
弊社は、1960年の創業以来、日本国中の数多くの優れた協力会社様と取引をして参りました。高品質の製品を生み出すには、各協力会社様と共同し、お客様の要求に一丸となって応える関係を築く事が不可欠です。一朝一夕では身につかない弊社のネットワークを是非お試しください。
自動車・船舶の日高工場
製作の流れ
ご相談
まずはお見積もりから
1個の試作から量産品まで、お気軽にご相談ください。案件に合った効率的な製造工程を検討し、御見積書を発行いたします。Eメールにてデータ(2D、3D)の受け渡しが可能です。
試作工場でのミーティング
素材手配&治具の設計
形状、コスト、納期を総合的に判断
日本全国の協力会社様の中から、最適な素材を手配いたします。
また、治具設計・製作は自社で行うので、効率的な製造工程を組むことができるだけでなく、急な変更等にも柔軟に対応いたします。
加工治具
機械加工
精密加工
最新の機械設備と職人の技術の融合により、富士精機ならではの精密加工を実現します。
塗装・表面処理
特殊工程
特殊工程と位置付けられる表面・塗装処理は、優れた協力会社様にアウトソーシングしています。弊社内でも、専門の技術者を有しており、品質を厳格に管理しています。
塗装・表面処理
検査
品質の追求
三次元測定機、真円度測定機、形状測定機等、充実の検査設備を備え、お客様からの要望に応える管理体制を構築しています。また、自社内での圧検にも対応しております。
納品
お客様の元へ
大切な製品は、お客様のご要望通りに、迅速に丁寧に発送いたします。自社便も対応可能です。
鋳物加工

品質保証

あらゆる産業の精密加工を手掛ける富士精機の製品は、厳密な品質管理体制と様々な検査プロセスによって、提供されています。
また、10台の三次元座標測定機等の豊富な検査設備を備え、安定して製品を供給できる体制を整えています。
圧力検査
ISO9001/AS9100の認証取得
富士精機製作所は、ISO9001:2015年版(田無・日高工場)、及び、AS9100(桶川工場)の認証を取得しております。

AS9100とは、ISO 9001をベースに航空・宇宙・防衛産業分野における特有の要求事項を追加した世界標準の品質マネジメント規格です。AS9100はJIS9100(日本)及びEN9100(欧州)と技術的に同等で国際相互認証されています。

航空・宇宙・防衛産業製品は、高い品質が要求され、安全性が不可欠であり、失敗は認められません。そのため、厳密な品質管理の他、リスク管理やトレーサビリティ等が求められています。富士精機製作所では、当該規格に順守した品質マニュアルを構築し、継続的な改善に努めております。また、航空・宇宙・防衛産業以外の製品については、ISO9001に基づく工程管理、品質管理を実施し、継続的な改善を行いながら、より精度の高い体制・人材の育成に力を入れております。
検査プロセス
富士精機では、不良品の社外流出ゼロを目指しています。そのためには、「不良品を作らない」「不良品を見逃さない」体制を構築することが重要と考えています。
不良品が発生する可能性は様々な場面で想定されますが、まずは営業・生産技術・生産管理・製造・検査の各部門が共同し、加工の精度を上げ、不良品を作らないことが大事であると考えています。
また、万が一不良品が発生した場合も、ISO9001、AS9100に基づいた厳格な管理の基、工程内検査・最終検査を徹底し、不良品を後工程に流さないための体制を構築しています。
品質管理体制
3次元座標測定器
3次元座標測定器
品質方針
当社は、顧客から信頼される企業となることを第一の目標とし、高品質な製品・サービスを安定的に提供する。                  
行動方針
  1. 5S・3定を目標とし、3S・1定はすべての基本とする。
  2. いつも次の工程・人の事を考える(最後の工程ないし、人がお客様)。
  3. 自らの技術力と管理力の向上と、役割に対する責任を持つ。
  4. 適切な品質マネジメントシステムを構築し、効率的な運用、継続的な改善に努める。
  5. 事業活動に関する全ての法令、及び、社会規範を遵守する。
  6. 自らの技術力と管理力の向上と、役割に対する責任を持つ。
  • 5Sとは、整理、整頓、清掃、清潔、躾
  • 3Sとは、整理、整頓、清掃
  • 3定とは、定位置、定量、定品
  • 1定とは、定位置
検査設備
三次元測定機、真円度測定機、表面粗さ測定機等、最新の検査設備を揃えています。また、自社内の圧検にも対応いたします。
ご予約 お問い合わせはこちら
pagetop